1. ホーム
  2. 体外受精に必要な費用の目安

費用の目安

凍結融解胚移植は、随時対応させていただきます

採卵前に必要となる諸費用(Long法の場合)

スプレキュア(使用しない場合あり) 約 13,000円
血液検査(感染症など) 約 5,000円
排卵誘発剤注射(個人差あり) /1回あたり
卵胞が十分育つまで通常6~10回くらい必要
約 4,000円
ご主人の精液検査(細菌培養検査を含む) 約 16,000円

価格は全て税込み表示です

採卵から移植までの費用

体外受精

3日間培養 5〜6日間培養
採卵 77,000円 77,000円
精子処理 22,000円 22,000円
媒精 33,000円 33,000円
培養 観察 77,000円 110,000円
胚移植 77,000円 77,000円
黄体補充
胚移植後に黄体補充(内服薬と膣剤)を焼く14日間行います。妊娠判定が陽性であれば1ヶ月継続します。
19,750円 19,750円
合計 305,750円 338,750円

価格は全て税込み表示です

顕微授精

顕微授精を実施した場合は以下の費用が加算されます。

10個以下 33,000円
11個以上(卵子の穿刺に必要な針を交換します) 55,000円
精巣内精子・乏精子の場合 22,000円

価格は全て税込み表示です

胚の凍結について

受精後5~6日後に胚盤胞に到達した良好胚は凍結します。
保管期間は採卵日より1年間、その後は1年ごとに継続手続きが必要となります。

凍結手技料+保管料(凍結する個数により異なります) 33,000円~93,500円
凍結保存更新料(凍結個数に関係なく一律) 11,000円 / 年

価格は全て税込み表示です

凍結融解胚移植

凍結融解胚移植 77,000円

価格は全て税込み表示です

移植後

移植後、妊娠判定日まで14日間は黄体ホルモン補充のための注射や内服薬、膣座薬を使用します。(別途費用がかかります。)

特殊技術加算

透明帯開口術(AHA) 11,000円
卵子活性化 33,000円
2段階胚移植 33,000円

価格は全て税込み表示です

金額は予告なく変更される場合があります
2019.10月改定