1989年7月 GIFT(配偶子卵管内移植)による妊娠出産に成功
1992年5月 IVF-ET(体外受精胚移植)による妊娠出産に成功
1993年10月 凍結融解胚移植による妊娠出産に成功【群馬県内初 *1
1996年4月 時間差出産(採卵した周期に新鮮胚移植で出産し、その時の余剰胚を凍結し、3年後融解胚移植して妊娠出産)に成功【日本国内初の報告 *2
1996年6月 ICSI(顕微授精)による妊娠出産に成功【群馬県内初 *3
1996年11月 MESA-ICSI(精巣上体精子による顕微授精)にて妊娠出産に成功
1998年5月 TESE-ICSI(精巣内精子による顕微授精)にて妊娠出産に成功
2000年6月 Vitrification法(ガラス化法)による胚盤胞凍結にて妊娠出産に成功【世界初 *4
2003年3月 Bio Cut BLADEによるアシステッドハッチング(孵化補助技術)にて妊娠出産に成功
2004年9月 顕微授精しても受精卵ができないか超低受精率だった方で、卵子活性化によって妊娠出産に成功
2018年8月 タイムラプス撮像法による胚培養 開始
2019年10月 日本受精着床学会学術貢献施設として認定【群馬県内初】
2020年4月 レーザーによるアシステッドハッチング(孵化補助技術)開始
2022年4月 高濃度ヒアルロン酸含有培養液(EmbryoGlue)開始
2023年10月 自動解析機能付きタイムラプス撮像法による胚培養 開始

出典

  1. 1993年10月23日発行 朝日新聞/讀賣新聞/上毛新聞
  2. 1996年 4月 5日 発行 朝日新聞
  3. 1996年 6月20日発行 上毛新聞
  4. 日本卵子学会 生殖補助医療(ART) 胚培養の理論と実際 p6
    原著「Birth of healthy baby following vitrification of human blastcysts」 Fertil.Steril. 2001;75:1027-9
無料相談の
お申し込み